相続・遺言将来の相続対策

  • HOME
  • 将来の相続対策

将来の相続対策

将来の相続対策

将来のご自身のため、次世代の方々のために相続対策に着手することをお勧めします。相続対策をすることで、問題を事前に解決することができます。
ただし、相続には様々な問題点が想定されます。これらを把握するためには専門知識が必要になります。

当事務所には、専門の経験豊富なスタッフが配置され、絶えずご依頼人様との連絡が迅速的確にされ、さらにご依頼人様の満足のいく事務処理が出来るようスタッフ一同、日ごろの事務の研鑚に努力しております。 また、長年の活動により築きあげた、弁護士、税理士などの専門家とのネットワークがありますので、将来の相続対策において総合的・包括的サポートが可能です。 まずは一度お気軽にご相談ください。連絡お待ちしております。

将来の相続対策よくある質問

自宅不動産しか財産がない場合にすべき相続対策は?

預貯金等がそれほど多くなく、自宅不動産くらいしか大きな財産がないケースは多いです。その場合、当該不動産の相続税評価額が基礎控除額以下であれば、相続税の申告義務は発生しませんので、相続税対策を考える必要はありません。しかし、そんなケースでも相続人が複数いる場合には、遺される方々に対して遺言書を書く意義は大きいと言えます。自宅不動産の価値と同程度の預貯金がある場合や自宅を売却して売却益を分配することで話がまとまれば良いですが、そうでない場合には、自宅を誰が相続するかで将来遺産争いが起きる可能性があるからです。また、遺産相続とは別に、祭祀承継(墓守等)を誰がすべきかということもきちんと指定しておくことも大変意味があるでしょう。 従いまして、財産の多少にかかわらず、遺される方々に対し、自筆でもいいので遺言書を残しておくことを強くお勧めいたします。

相続人に未成年者がいる場合、親が代理して遺産分割協議をすることができるのですか?

未成年者の親が相続人の一人になっている場合には、親権者であっても代理して遺産分割協議をすることはできません。この場合未成年者の代わりに遺産分割協議に参加する特別代理人を家庭裁判所で選任してもらい、その特別代理人を交えた相続人全員の間で遺産分割協議をする必要があります。これは、親と未成年者の利益が相反し、未成年者の利益が害されるおそれがあるためです。

相続対策におけるメリット
POINT-01ご面談・ご連絡

この先、いつ何が起こるかは誰にもわかりません。あらかじめ、遺言や任意後見といった手続きをとっておけば、何があっても、ご自身の意思を反映することができます。

POINT-02次世代の親族間で争うことがなくなる

あらかじめ遺言で決めておけば、将来、親族間で争うことを防ぐことが出来ます。仲が良かった家族が、相続が原因で疎遠に…という事例は、よくあることですのでご留意下さい。

POINT-03大きな節税対策に

相続税は財産内容や家族構成により人それぞれです。皆様に合った相続税対策を提携の税理士がお力になります。

相続に関する司法書士報酬および料金のご案内

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費および消費税は含まれておりません。また、小松市、能美市、加賀市以外への出張については、出張料を加算させていただく場合があります。

手続き 報酬(税抜価格、登録免許税等実費は別途)
相続による所有権移転登記 50,000円~ ■登録免許税:不動産評価額の4/1000
■相続調査料は別途加算
■相続人の人数、不動産の数が増すごとに加算有り
遺言書作成(公正証書) 50,000円~ ■遺言者の財産価格により加算有り
注)公証人への報酬は別途支払いが必要
遺言書検認手続 30,000円~  
相続関係調査(相続証明書) 2,000円~ 戸籍謄本1通450円
除籍・改製原戸籍1通750円
住民票1通300円
※自治体により異なる場合があります。
相続関係説明図 10,000円~ ■相続人の人数により加算有り
遺産分割協議書作成 10,000円~ ■協議内容の難易度により加算有り
相続放棄申述書作成 30,000円~  

案内図

〒923-0938 石川県小松市芦田町二丁目18番地お問い合せ
pagetop