土地家屋調査士業務

  • HOME
  • 土地家屋調査士業務

土地家屋調査士業務の概要

土地家屋調査士業務

土地家屋調査士業務は、昭和49年に開業し今日まで足掛け43年間にわたり業務を行ってまいりました。調査士業務は、おもに野外に出向いて数値データーを観測して、それをもとに土地または建物の図面を作成することを主務としております。近年はコンピューターの処理能力の格段の向上によって、正確できれいな図面が作られるようになりました。それには、ベテランスタッフによる正確な現場観測データー計測と、境界確定のノウハウが基礎となっております。また、一方では、めまぐるしく向上する測量機器の更新にも投資をして絶えず、最新の機種とソフトを使用するように心がけております。
当事務所では、2名のベテラン専門スタッフを配置して本職の指示に基づいて的確な事務の処理に当たっております。特に土地の分筆、地積更正、境界に関する特定手続きに関しては、きっとご満足いただけるものと確信しております。
まずは一度お気軽にご相談ください。連絡お待ちしております。

一括受託のワンストップサービス

ワンストップサービス

ワンストップサービスのメリット

Merritt-01着工前から登記完了までサポート

着工前から登記完了(設計除く)まで、総合事務所ならではのトータルサポートを実現します!窓口が1つであるメリットを活かし業務にあたります。

Merritt-02登記完了までの納期を明確化

登記完了までのスケジュールを窓口が1つであるメリットを活かし、効率的に管理し、お客様の納期に関する不安を取り除きます。

Merritt-03一括受託によるコスト削減

窓口が1つであるメリットを活かし、通常別々に依頼する部分を一括処理することにより、コスト面でのメリットが提供できます。

案内図

〒923-0938 石川県小松市芦田町二丁目18番地お問い合せ
pagetop