土地・建物土地登記

土地登記

土地登記

「不動産登記」は大きく分けて二つの種類があり、一つは「表示に関する登記」でもう一つは「権利に関する登記」です。

「表示(表題)に関する登記」は不動産(土地・建物)の物理的状況、例えば土地であれば、どこに、どれくらいの広さで、どのように利用されている土地があるのかを明確にするための登記であり、「土地家屋調査士」がこれを扱います。

「権利に関する登記」は不動産(土地・建物)に関する各種権利、例えば、所有権、抵当権、地上権などの保存、設定、移転、変更、処分の制限又は消滅を公示するための登記です。同じ登記ですが、こちらは「司法書士」がこれを扱います。

土地登記 よくある質問

分筆登記はどんな時に必要なのですか?

土地の一部を分割して売却したいとき、遺産相続が発生して兄弟で土地を分けたいとき、共有名義の土地を分割して単有名義にしたいときなどです。

分筆登記には確定測量が必ず必要なのですか?

原則必要となりますが、例外的なケースもあります。適切なアドバイスを致しますので一度ご相談ください。

土地登記の種類
  • 土地表題登記
  • 土地表題登記とはまだ登記されていない土地について初めて登記することをいいます。不動産登記簿の表題部と呼ばれる不動産の現状を表示する欄に、所在、地番、地目、地積が記載されます。
  • 土地の払い下げを受けた方
  • 新たに土地の表示が必要な方など
  • 土地分筆登記
  • 土地分筆登記とは、登記記録上1つの土地を数筆の土地に分割する登記のことです。一筆の一部を分割して売買などの有効活用をしたい、相続によって分割することになったなど土地を有効利用するために色々な状況で土地の分筆登記は必要になります。
  • 土地を複数の土地に分割したい方
  • 将来の相続に備えあらかじめ土地を分筆して紛争回避を考えている方
  • 土地合筆登記
  • 土地合筆登記とは、土地分筆登記の反対で、複数の土地を1つにまとめる登記です。土地合筆登記には、所在が同じ、合筆する土地同士が隣接、などといったいくつかの要件があり、注意が必要となりますので、一度ご相談ください。
  • 相続の前提に合筆されたい方
  • 土地がたくさんあってまとまりがないため、1つの土地にまとめたい方
  • 土地地目変更登記
  • 土地地目変更登記とは、土地の利用目的が変わった時にする登記です。土地の現況や利用目的はあらかじめ登記事項として記載する必要があります。土地地目変 更登記はこの登記地目に変更があったため、登記されている地目を現況の地目に符合させるためにする登記です。(農地転用許可が必要な場合があります)
  • 土地の地目(土地の利用目的)を変更したい方
  • 土地を所有の方で利用目的を変更された方(例 畑⇒宅地)など
  • 土地地積更正登記
  • 土地地積更正登記とは、土地の面積を正しい数値に改める登記です。登記簿の地積欄に登記された数値が、初めから間違っている場合に正しい地積に改める登記 です。(土地には色々な経緯があり、実面積と登記簿の面積が異なる場合があります)土地地積更正登記のために面積を算出するには、境界を確定する作業が必 要となり、土地積更正登記とは境界確定測量と地積更正登記申請を合わせたものになります。
  • 登記簿の面積を正しくしたい方
  • 実際に測量したところ、登記簿面積と実測面積が異なる方など
表示登記に関する土地家屋調査士報酬および料金のご案内

土地家屋調査士に業務を依頼すると費用がいくらかかるのかは、とても気になるところだと思います。実際の費用ですが、対象物件の状況に応じた作業をするため、ズバリの一定総額で表示するのには馴染まない面があります。土地の測量費用は、単に面積だけを基準に算定することができない性質のもです。
もちろん土地の大小によっても費用は異なりますが、測量の目的や土地それぞれ個々の状況(形状、利用状況、境界の管理具合、隣接土地の数、境界利害関係者の数など)の違いにより、面積が同じ土地であっても費用に大きく差が生じます。

手続き 報酬(税抜価格、登録免許税等実費は別途)
建物表題登記 80,000円~ ■階数、床面積の大きさにより加算有り
建物表題変更登記 90,000円~
建物滅失登記 45,000円~  
土地地目変更登記 45,000円~ ■筆数が増すごとに加算有り
土地分筆登記 350,000円~
合筆登記 45,000円~
土地表題登記 350,000円~ 左記の内訳:
①土地表題登記200,000円
②用途廃止・売払い申請150,000円

案内図

〒923-0938 石川県小松市芦田町二丁目18番地お問い合せ
pagetop