開発許可申請

  • HOME
  • 開発許可申請

開発許可申請

開発許可申請

開発行為許可申請業務は、建築物・特定工作物の建設を行なう場合に都市計画法に基づいて開発行為や建築行為等の許可申請を各自治体へ代理申請致します。対象土地が市街化区域と市街化調整区域により申請条件が異なります。

一般の建築物(宅地分譲・道路の新設)または特定工作物(処理場、ゴルフ場や野球場などのスポーツ施設、遊園地や動物園などのレジャー施設、墓苑など)を建設するための土地の開発には、知事の許可が必要になります。開発行為によっては、許可がいらない場合もあります。
【基本姿勢】
対象土地の現況や周辺状況、法令規制等を調査した結果に基づき、登記・測量・建築等のノウハウを駆使し、総合的な視点で最適な土地利用ができるようご提案することが当事務所の基本姿勢となっています。

当事務所では、お客様からお話を伺ったうえで、事前調査・各種資料の取り寄せから、申請書の作成・提出などの手続き、そして完了後のコンサルタントまで一貫してお引き受けいたします。ぜひご相談くださいませ。

開発許可申請 よくある質問

開発許可申請を出そうと思いますが、一度、役所との交渉でとん挫したこともあり、第三者に申請手続きを依頼したいと思っています。依頼可能でしょうか?

もちろん可能です。近年、行政書士法が改正され、行政書士は、本人の代理も可能となったので、まさに、ご質問の内容のような場合であれば、行政書士が 適任であると同時に、当事務所は司法書士の資格のほかに、土地家屋調査士資格、行政書士資格も保有し、測量も行っておりますので、トータルサポートが可能です。検討段階でも結構ですので、是非、一度私たち、九龍橋合同事務所まで、お気軽にご相談ください。

市街化調整区域に家を建てたいのですが・・・

都市計画区域には市街化区域と市街化調整区域というものがあります。通常市街化区域と市街化調整区域に区分けされています。市街化区域内であれば誰でも自由に建築物を建てることができますが、市街化調整区域内では一定の要件をみたす場合以外は建築ができません。 いずれにしろ、難解な問題を含みますので、お気軽にご相談ください。全力でサポートさせて頂きます。

開発行為許可申請、建築許可申請について

市街化調整区域や未線引都市計画区域での開発行為(建築、建設の用に供する目的で行なう土地の区画形質の変更)を行なう場合に都市計画法に基づく開発行為許可申請が必要です。なお、市街化区域での開発行為でも一定の場合、同申請が必要となる場合があります。

  • 建築許可が必要
  • 市街化調整区域では、上記の開発行為のない場合でも建築物の建築や第1種特定工作物の建設を行なう際には建築許可が必要です。
  • 自己用住宅の開発許可申請
  • 都市計画法第34条11号、12号、区域外、都市計画法第43条建築許可申請など。
  • 分譲住宅など
  • 非自己用住宅の開発許可申請。

また、市街化調整区域において開発行為を伴わない建築行為を行う場合には開発許可と同様に制限が課されます。したがって、制限対象外の建築物等を除き、市街化調整区域において建築物等を建築する場合には、開発許可か建築許可のいずれかの許可が必要になります。(下図参照)

行政書士報酬および料金のご案内

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、難易度により異なります)。ただし、報酬には印紙代及び裁判所への予納金等の実費および消費税は含まれておりません。また、小松市、能美市、加賀市以外への出張については、出張料を加算させていただく場合があります。

手続き 報酬(税抜価格、登録免許税等実費は別途)
農地法3条許可申請 40,000円~ ■階数、床面積の大きさにより加算有り
農地法4条許可申請 50,000円~
農地法5条許可申請 70,000円~
農地法4条届出申請 30,000円~
農地法5条届出申請 30,000円~
開発行為許可申請 350,000円~ ■難易度により加算有り
■測量込みの価格です。
都市計画法43条建築許可申請 200,000円~ ■難易度により加算有り
■測量込みの価格です。
建設業許可申請(新規) 150,000円~ ■難易度により加算有り
建設業許可申請(更新) 70,000円~
建設業変更届出(毎年、決算報告) 30,000円~
経営規模等評価申請及び総合評定値請求申請 60,000円~
宅地建物取引業免許申請(新規) 100,000円~
内容証明の作成 25,000円~/一枚につき

案内図

〒923-0938 石川県小松市芦田町二丁目18番地お問い合せ
pagetop